遺族に支給される労災と年金の横断整理 社労士試験

スポンサーリンク

遺族に支給される労災と年金

支給対象者

労災

年金

生計維持関係にあった妻、夫、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹

イメージ    兄弟姉妹

一時金

配偶者、生計維持関係にあった子、父母、孫、祖父母、生計維持でない~兄弟姉妹

イメージ配偶者    
    兄弟姉妹

厚年

生計維持関係にあった配偶者又は子、父母、孫、祖父母

イメージ    祖父母

国民年金

年金

子のある配偶者又は子(配偶者は生計維持で子が配偶者と生計同一)

一時金

生計同一の配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹

生計維持条件の労災と社会保険の違い

労災

相互に収入の全部又は一部を持って生計費の全部又は一部を共同計算している状態でよい(緩い)

社会保険

専ら、又は主として労働者の収入によって生計を維持していること(労災と比して厳しい)

一定の障害状態にある子の受給権について

 

障害のタイミング

受給期間

労災

事後

18歳まで

事前

制限なし

年金法

事後

20歳まで

事前

20歳まで

タイトルとURLをコピーしました