資格試験

あらゆる学習において、もっとも重要なことは、「過去問と模試を解きテキストに戻る」の繰り返しです。たくさんの問題集に手を出したり、何冊も参考書を抱えたりしては絶対にいけません。

あらゆる資格試験における私の合格法は、「何度も間違える、覚えられない論点はノートに書き、時間と共に、そのノートをどんどん削ってゆく。試験当日には1ページに収まる分量になることを目指す。」です。

繰り返すことによって、脳のシナプスを強化し、記憶を定着させるわけです。

学生の定期試験や入学試験とは違います。一定の点、ボーダーラインを取ることです。9割以上を狙うような勉強方法をしては絶対にいけません。

「間違えた問題を間違えないようにすること。」が資格試験勉強です。

資格試験の難易度

資格試験の難易度について簡単に説明を致します。

難関資格について資格予備校は一流大学以外の人の合格を広告塔に使用しますが、簡単ではありません。本来一流大学に行ける能力の人が、大学受験の正しい勉強方法を知らずに一流大学に行けなかった、行かなかったに過ぎず、本来は能力がある人であるにすぎないとお考え下さい。

司法書士

よほどの頭の良さ、時間がない限り、手を出すべき資格ではありません。資格予備校の言うほど簡単な資格ではありません。

他資格と比べても群を抜いており、東大に合格するよりも厳しいと考えてください。

大学偏差値:70↑

社会保険労務士

基礎の繰り返し学習と大量の問題を読み解く読解力、選択式のためのスキのない学習が求められます。一般人が学習することで、なんとか合格できるぎりぎりのラインの試験です。

早慶以上レベルの人でも簡単には合格できません。

大学偏差値:65↑

行政書士

ここから難関の部類です。基礎の繰り返し学習、過去問の繰り返しで合格できる資格ではありますが、甘く見てはいけない試験です。

MARCHクラスでなんとか合格できるラインです。

大学偏差値:62↑

宅建士

基礎の繰り返しで合格できます。まじめに勉強すれば合格できる試験です。とはいっても、偏差値60台の高校に入学できる程度の基礎能力は必要です。

大学偏差値:55↑

ファイナンシャルプランナー 暗記すべきところをしっかり暗記し、基礎の繰り返しで合格できます。まずは目指してみてください。メリハリのある学習が求められます。
福祉住環境 過去問を繰り返し、要点を暗記すれば合格できます。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
みんなのFP FP2級FP3級 まとめと厳選過去問&予想問題 各項目について出題される重要論点と過去問、予想問題です。出題されるポイント、出題の仕方は決まっています。過去問を繰り返すことが何よりも重要です。FPは6割取れれば合格します。高得点を狙う必要はありません。 当サイトでは各項目ごとに過去問を厳選し、一問一答式で...

社会保険労務士

社会保険労務士
社会保険労務士暗記 順次、法改正を反映し令和4年度試験に対応した内容に修正してまいります。当サイトは私自身が作成したA4用紙344ページの総まとめテキストを元にしています。 令和6年度改正についての修正は5月中旬に行います。 過去問、模試(最低限の分量に抑える)をひたすら繰り返すことが何よりも重要です。 論点整理は、出...

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーター
難易度 受験者数 種別 備考 平均的難易度 2万人前後 福祉/建設 介護業界等で活躍 福祉住環境コーディネーターは毎年2万人以上が受験する資格試験です。1級から3級まであり、2級に合格すれば十分通用する試験です。3級は易しいため、2級を受験することをお薦めします。参考書はいくつか用意されていますが、どれも、あまりメリハ...

宅地建物取引士

宅地建物取引士
合格に必要な知識のみを網羅します。ここに書かれていることをしっかり暗記すれば合格ラインを超えることができます。重要な項目に関する暗記用の語呂合わせも掲載しました。必ず暗記してください。 資格試験のコツは、暗記すべきことをしっかり暗記した上で、過去問と予想模試(宅建はLECの市販書籍模試でよい)を何度も何度も繰り返して知...
スポンサーリンク
社会保険労務士

選任の義務と努力義務 労働の一般常識 社会保険労務士試験

選任が義務 名称 選任者 根拠法 職業紹介責任者 有料・無料職業紹介事業者 無料を行う特別の法人・地方公共団体等(学校等は選任義務無し) 職業安定法 派遣元責任者 派遣元事業主 必ず必要 労働者派遣法 派遣先責任者 派遣先 派遣労働者と通常労働者の合計が、5人超えなら必要 (管理台帳の作成記載を要しない派遣先(5人以下...
社会保険労務士

障害者雇用促進法 労働の一般常識 社会保険労務士試験

障害者雇用促進法 障害者とは、身体障害、知的障害、精神障害(発達障害含む)その他の心身の機能の障害のため、長期にわたり、職業生活に相当の制限を受け、又は職業生活を営むことが著しく困難な者をいう。 従業員が50人以上 障害者を雇用しなければならない(原則2.3%、特殊法人2.6%など)  6月1日現在の障害者雇用状況報告...
厚生年金保険法

厚生年金保険法の暗記の仕方と語呂合わせ 社会保険労務士試験

社会保険労務士試験の主要科目のひとつである厚生年金保険法の暗記すべき重要事項や覚えづらい事項について、できる限り簡単に暗記できるように作った語呂合わせや図表を掲載しています。
スポンサーリンク
厚生年金保険法

在職老齢年金と調整 厚生年金保険法 社会保険労務士試験

在職老齢年金 総報酬月額相当額+基本月額 50万円 支給 50% 支給 50% 支給停止 差額 在職老齢年金 = 本来の年金額-((総報酬月額相当額+基本月額)-50万円)÷ 2 × 12) 1ヵ月について、報酬相当額と人月当たりの年金額の合計額が50万円を超えている場合、その差額の半分が支給停止されるということ 総報...
労災保険法

時間外労働の影響 労災保険法 社労士試験

時間外労働と業務災害 時間外労働と業務災害の関連性 脳血管疾患及び虚血性心疾患 異常な出来事 発症直前から前日(=1日) 発症に近接した時期 おおむね1週間 発症前の長期間 6ヵ月 発症前1ヵ月 100時間超え時間外労働 発症前2ヵ月~6ヵ月 80時間超え時間外労働(1ヵ月あたり) ※時間外労働が100時間、80時間に...
社会保険労務士

時間外労働に関する総まとめ 労基 安衛法 労災法 雇用保険法 社労士試験

時間外労働の原則 労働基準法 原則 40時間を超えて労働させてはならない 例外)44時間まで(常時10人未満の商業、映画演劇、ほケ根以西、接客娯楽、理容) 割増賃金       労働者の意思で代替休暇 +0.25% 中小企業も対象 任意の割増 +0.25% 法定労働時間 時間外労働 45時間超 60時間超 36協定 1...
雇用保険法

基本手当の受給資格 雇用保険法 社労士試験

基本手当  管轄公共職業安定所に出頭し、雇用保険被保険者離職票を提出して求職の申し込み  所長が受給資格を決定し、雇用保険受給資格者証を交付  基本手当を支給 原則 出頭した日から4週間に1回、本人が出頭し、失業認定(失業認定申告書と受給資格者証) <例外> 公共職業訓練等を受講中の場合、1ヶ月に1回の証明認定 受給資...
雇用保険法

出産時育児休業給付金 雇用保険法 社労士試験

出産時育児休業給付金 出生の日から起算して8週間を経過する日の翌日までに、4週間以内の期間について子を養育するための休業をした場合に支給する制度。パパママ共に育休を取得した場合は1歳2カ月までとなるが、支給自体は1年間(2回まで分割可)である。この制度によって母が産後休業をしている期間に父が出産時育児休業給付金を受給で...
労災保険法

本試験で問われる労災保険法の論点一覧 社会保険労務士

労災保険法、本試験論点一覧 論点の箇条書き一覧集です。本試験用にのみ特化した、極論的論点一覧。 総則 独立行政法人の一種である行政執行法人の職員(印刷局職員など)は、国家公務員災害補償法の適用となる 公務員で労災法が適用される者は、非常勤の現業職、独立行政法人職員 勤務間インターバルは11時間以上が求められる 労働基準...
労働安全衛生法

本試験で問われる労働安全衛生法の論点一覧 社会保険労務士

労働安全衛生法、本試験論点一覧 論点の箇条書き一覧集です。本試験用にのみ特化した、極論的論点一覧。 安全衛生管理体制 統括安全衛生責任者は安全管理者、衛生管理者らについての教育や各種措置を統括管理する 局長は統括安全衛生責任者に勧告できる(安管・衛管は署長による増解任) 総管は林・鉱・建・運・清100(屋外工業)、30...
労働保険徴収法

都道府県労働局長に委任される大臣の権限の横断整理 労働保険徴収法 社労士試験

都道府県労働局長に委任される大臣の権限 下請負事業の分離認可 継続事業の一括認可及び指定 労働保険事務組合の認可及び廃止届出受理、取消 特例保険料納付等の勧奨、申出の受理 厚生労働省労働基準局長による基準 安衛法 安全衛生推進者の資格要件で大卒等と同等と認める基準 労災法 平均賃金に相当する額を給付基礎日額とすることが...
労働安全衛生法

健康診断・面接・ストレスチェックの実施者の一覧 労働安全衛生法 社労士試験

健康診断・面接・ストレスチェックは誰がするか 健康診断 医師  健診実施後の措置については歯科医師も含める(特殊健診) 特殊健康診断 医師、歯科医師  深夜業は特定業務健康診断 ストレスチェック 医師、保健師、必要な研修を受けた歯科医師、看護師、精神保健福祉士、又は公認心理士 保健指導 医師又は保健師  一般健康診断の...
労働安全衛生法

労働衛生指導医が関わること 労働安全衛生法 社労士試験

労働衛生指導医の関わること 設置 労働衛生指導医は厚生労働大臣が任命し、都道府県労働局に置かれる 作業環境測定等必要な事項についての局長への意見 臨時の健康診断の実施その他必要な事項についての局長への意見 局長は指導医をして事業場への立ち入り、検査できる ⇔他の事項は産業医、又は、医師 ※面接指導の実施の指示なども指導...
労働安全衛生法

作業方法と作業行動の違い 労働安全衛生法 社労士試験

作業方法と作業行動 24条「作業行動から生ずる労働災害を防止」、危険有害性調査の2つ以外はすべて作業方法である 作業方法 管理者、産業医に関連し、限定的で具体的なもの 安全・衛生管理者・産業医の巡視対象 職長教育における教育内容 事業者が講ずべき措置 製造許可物質 作業環境測定 作業行動 法24条の、「事業者は、労働者...
労働安全衛生法

派遣労働者の扱い横断整理 社労士試験

原則的には安全に関することは派遣先(派遣元では把握しにくいため)となる。覚えるというよりも自分の感覚とのずれを修正することを心がけるとよい。 派遣労働者の安衛法における横断整理 派遣労働者に係る事項 派遣元 派遣先 備考 事業者の責務・労働者の責務 ○ ○ 衛生関係は双方、安全のみは派遣先のみ 安全衛生管理体制 総括安...
労働安全衛生法

努力義務のまとめ 労働安全衛生法 社労士試験

努力義務の一覧 国 必要な援助について努力義務  労働者の健康確保・保持増進、有害性の調査、安全衛生教育のための指導員の確保・養成等、受動喫煙防止  快適な職場環境のための金融上・技術上の援助、労働災害防止技術振興(政府) 心理的負担に関する医師等に対する研修の実施に努める 厚生労働大臣 管理者・推進者・産業医等の資質...