労働保険徴収法

スポンサーリンク
労働保険徴収法

適用事業の範囲 労働保険徴収法 総則 社労士試験

適用事業の範囲一元適用事業二元適用事業原則労災、雇用の適用労働者範囲、適用方法に相違があり別個の事業とみなす事業右記以外都道府県市町村の事業、6大港における運送...
労働保険徴収法

労働保険徴収法の暗記の仕方と語呂合わせ 社会保険労務士

社会保険労務士試験の主要科目のひとつである労働保険徴収法の暗記すべき重要事項や覚えづらい事項について、できる限り簡単に暗記できるように作った語呂合わせや図表を掲載しています。
労働保険徴収法

本試験で問われる労働保険徴収法の論点一覧 社会保険労務士

労働保険徴収法、本試験論点一覧論点の箇条書き一覧集です。本試験用にのみ特化した、極論的論点一覧。総則都道府県、市町村が行う事業は二元適用事業(国は労災適用されな...
スポンサーリンク
労働保険徴収法

メリット制 労働保険徴収法 社労士試験

メリット制事業における労災事故の発生状況に応じて、労災保険率を引き上げ、または引き下げを実施し、労災事故の発生を抑止する制度です。継続事業有期事業延納概算保険料...
労働保険徴収法

労働保険料 労災保険率と雇用保険率 労働保険徴収法 社労士試験

労働保険料の概論一般保険料賃金総額は1000円未満を切り捨てる(日雇労働被保険者の賃金も)徴収計算、賞与も含む3か月を超える期間ごとに支払われる賃金についても労...
労働保険徴収法

労働保険事務組合の認可 労働保険徴収法 社労士試験

労働保険事務組合の認可組合の事業 保険料の申告納付、雇用保険被保険者の届出、保険関係成立、加入申請に関する事務等を行う(請求が不可)事務組合に対してした納入告知...
労働保険徴収法

概算保険料の延納 労働保険徴収法 社労士試験

概算保険料の延納延納とは分割払いのことで、成立期と次期で6ヶ月を超えるときに成立期と次期を分割できる継続事業有期事業延納概算保険料40万円以上概算保険料75万円...
労働保険徴収法

都道府県労働局長に委任される大臣の権限の横断整理 労働保険徴収法 社労士試験

都道府県労働局長に委任される大臣の権限下請負事業の分離認可継続事業の一括認可及び指定労働保険事務組合の認可及び廃止届出受理、取消特例保険料納付等の勧奨、申出の受...
労働保険徴収法

雑則 労働保険徴収法 社労士試験

雑則負担 原則 事業主全額負担 ⇔例外 雇用保険 二事業率を減じた率に応ずる2分の1を被保険者、残りを事業主負担※二事業率は事業主全額負担書類の保存の横断雇用、...
労働保険徴収法

労働保険事務組合の報奨金 労働保険徴収法 社労士試験

労働保険事務組合の報奨金対象 常時15人以下の労働者を使用する事業の事業主(政令で定める)の委託を受けた組合※1社でも15人以下の労働者を使用する事業主の委託を...
労働保険徴収法

労働保険事務組合の責任 労働保険徴収法 社労士試験

労働保険事務組合の責任組合への通知・還付は事業主に対してしたものとみなし、責任も生ずる事業主が金銭を組合に納付しても、政府に納付した扱いとはならず、組合が納付の...
労働保険徴収法

督促及び滞納処分 労働保険徴収法 社労士試験

督促及び滞納処分労働保険料 → 督促 → 指定期限までに納付しない → 延滞金概算保険料(延納2期目以後の概算保険料含む)又は確定保険料について納付しない納期限...
労働保険徴収法

追徴金について 労働保険徴収法 社労士試験

追徴金最大2年間溯る元となる労働保険料そのものが1000円未満の場合は切り捨て(100円未満の追徴金は徴収しない)※追徴金とは確定保険料の認定決定における不足額...
労働保険徴収法

印紙保険料 労働保険徴収法 社労士試験

印紙保険料印紙保険料の納付イイミミ、バニー、ナロ、シロ、クロ 賃金日額印紙保険料第1級11300円以上176円第2級8200円以上146円第3級8200円未満9...
労働保険徴収法

確定保険料の申告・納付 労働保険徴収法 社労士試験

確定保険料の申告・納付確定保険料とは、簡単に言うと保険料を清算することです。確定保険料に誤りがあれば、確定保険料の認定決定が行われ、追徴金が課されます。※事業の...
労働保険徴収法

概算保険料の申告と納付 労働保険徴収法 社労士試験

概算保険料の申告・納付特別加入者分も加算し、納付する(ただし、第3種特別加入保険料は継続事業のみ)→特別加入概算保険料総額(給付基礎日額×365)×特別加入保険...