事務所・案内所の暗記と語呂合わせ 宅建業法まとめ 宅建士試験

スポンサーリンク

このページは、宅建業法における事務所・案内所に関するまとめです。他の項目、法令については以下のページから確認してください。

宅地建物取引士
合格に必要な要点のみを網羅します。ここに書かれていることをしっかり暗記すれば間違いなく合格ラインを超えることができます。要点と併せて、特に重要な項目に関する暗記...

事務所案内所のまとめ一覧

 

報酬額掲示

従業者名簿

帳簿

専任の宅建士

標識の掲示

届出

事務所

1人/5人

免許

契約をする案内所

 

 

 

1人以上

10日前

契約をしない案内所

 

 

 

 

不要

※案内所とは展示会などをいう

専任の宅建士がいる、事務所、契約をする案内所での契約はクーリングオフ不可

※契約をする案内所の届出先は免許権者(大臣は知事経由)、及び案内所所在地知事

※案内所の標識掲示、届出義務者は設置した宅建業者(代理業者など)

契約案内10日前
契約をする案内所は10日前に届出、契約しないのであれば標識の掲示のみでよい
※契約しない案内所は、その場所において何ら法律効果を発生させないため、届出の必要性がない

案内所設置業者と売主が異なる場合

売主宅建業者

所在場所の標識掲示義務

代理宅建業者

案内所の標識掲示義務(売主の称号等も記載)

所在場所の標識は案内所がなくても必ず掲示しなければならない

要注意:所在場所の標識と、案内所の標識別物です!

名簿と帳簿(事務所にのみ備える)

 

概要

保存

閲覧義務

従業者名簿

宅建士であるか否かなど

10年間

請求で

帳簿

業務に関すること

原則 5年間

新築自ら売主 年度末から10年間

なし

 ⇔免許の有効期間は5年間

帳簿は5年で名新10
帳簿の保存、従業者名簿、新築自ら売主帳簿は年度末から10年でそれ以外の帳簿は5年
※帳簿保存の原則5年は年度末からではない。新築自ら売主のみ年度末から

従業者証明書

従業者は携帯し、請求あれば掲示する義務

 

タイトルとURLをコピーしました