福祉住環境整備の進め方② 福祉住環境コーディネーター2級

スポンサーリンク

福祉住環境整備の進め方② 相談援助と福祉住環境整備

福祉住環境整備の進め方の重要論点についてまとめる。これだけでしっかり暗記すればほぼ間違いなく合格します。記載事項以外はテキストを読み通す程度で十分であり、暗記する必要はありません。福祉住環境の視点を忘れないでください。

(参考資料)官公署PDF
住宅環境必要書類のチェックリスト(沼津市)

福祉樹環境コーディネーター試験の他の項目や勉強方法についてはこちら

福祉住環境コーディネーター
難易度 受験者数 種別 備考 平均的難易度 2万人前後 福祉/建設 介護業界等で活躍 福祉住環境コーディネーターは毎年2万人以上が受験する資格試...

福祉住環境チェックシート

基本事項(氏名住所連絡先)、身体状況とADLレベル、在宅サービスの利用状況、家族状況、住宅状況、福祉住環境整備の希望場所と内容、予算等を記す。

ADLレベルとは日常活動がどの程度できるかという評価です。

内容の決定

パース図(透視図)や現場で使用材のサンプルを見入るなど、具体的に説明し、本人や家族に決定してもらう

参考画像
パース図
タイトルとURLをコピーしました