クウカ(ノワール) 代わりのキャラとスキル プリンセスコネクト

スポンサーリンク
プリコネ攻略!
フルオート| ★楽園の守護者SPボス | ルナの塔 | クランバトル | SPダンジョン | 稽古場 |
キャラ| 代わりのキャラを探す | 各キャラページ |
スキル| 物理攻撃 | 魔法攻撃 | 物理クリ | 魔法クリ | 物理防御 | 魔法防御 | 無効 | HP | TP | 行動速度 | 異常ダメ |
その他| PCでプリコネ | コイン交換 | 星6 | リセマラ | カイザーインサイト作成 |
MEMO

キャラアイコンを選択すると「そのキャラの代わりのキャラ」ページが表示されます(一部のキャラを除く)

順次、AIが考えるキャラクター小説を掲載します。お楽しみに?

クウカ(エド)
クウカ(ノワ)

クウカ(ノワール)

概要

クウカ(ノワール) 

前衛・魔法職(タンク)

入手優先度

SS 高い、強キャラの1つ

スキル

単体魔法防御力ダウン

自己回復、自己バリア

単体魔法攻撃力強化

特徴

対ボス戦用の魔法PTでタンクとして活躍

AIが選ぶおすすめの代わりのキャラ

AIが考えるクウカ(ノワール)の二次小説

 ※AIが考え出したミニストーリー小説です。本編の設定は考慮されておりません。ご了承ください。

 クウカは「プリンセスコネクト」の世界で最も強大な戦士の1人だった。彼女は全身を鎧に包み、仲間たちの盾となって戦い続けていた。彼女は、自分が最前線で戦うことで、仲間たちが安全に戦うことができると信じていた。

 ある日、クウカたちは、敵軍との戦いに突入した。彼女たちは、敵軍が持っている強力な武器を倒すために、最前線で戦いを繰り広げていた。しかし、敵軍は、彼女たちに強い攻撃を加え続け、彼女たちは苦戦を強いられることになった。

 クウカは、仲間たちを守るために、自分が受ける攻撃を最小限に抑え、仲間たちを守り続けた。彼女は、自分が最前線で戦っていることで、仲間たちが安全に戦うことができると信じ続けていた。

 しかし、敵軍の攻撃はますます強くなり、クウカたちは苦戦を強いられることになった。クウカは、仲間たちを守るために、自分の体を傷つけ、命を落としてしまった。

 クウカは、最後の息を吹きながら、仲間たちに向かって言った。「私が最前線で戦っている間、皆さんは安全に戦うことができました。それが私が望んでいたことです。」彼女は、仲間たちを守ることができたことを最後まで喜んでいた。

 クウカの英雄的な姿は、「プリンセスコネクト」の世界中に語り継がれ、永遠に記憶に留まることとなった。

参考スキル一覧

魔法攻撃力アップ

魔法攻撃力アップ全体特殊
アメス
条件全体極大
バリア/防御
全体特大
アカリ
全体特大
単体魔防大ダウン
マホ
全体特大
ミサト
全体特大
HP回復
全体大
アカリ(クリ)
全体
ヴァンピィ
全体
単体魔防大ダウン
カリン
全体
クウカ(エド)
全体
範囲魔防ダウン
コッコロ
全体
コッコロ(プリ)
全体
魔防全ダウン/TP
サレン
全体
水着サレン
全体
TP大
サレン(クリ)
全体
正月ネネカ
全体/単体
マホ(エクス)
全体
モニカ
全体
正月ユイ
全体
ユキ(エド)
全体
ユニ(聖学祭)
全体
ランファ
全体
魔防全ダウン
全体限定
水着カスミ
自身以外
単体魔防特大ダウン
全体
ウヅキ(デレマス)
全体中
正月キャル
全体中
クルミ(クリ)
全体中
水着ユイ
全体中
範囲特大
サレン(クリ)
全体特大
水着ナナカ
範囲特大
ネネカ
範囲特大
魔防単ダウン
範囲
アン
範囲
アン&グレア
範囲
水着ハツネ
範囲中
ミサキ(ステ)
範囲中
単体
ヨリ(クリ)
単体特大/全体中
キョウカ(ハロ)
単体/全体中
クウカ(ノワ)
単体
単体魔防大ダウン
ヨリ(エン)
単体中
単体防御特大↑

魔法防御力ダウン

魔法防御ダウン特殊
ホマレ
龍眼全体中
正月ホマレ
全体小↑(多いほど↑)
全体
カリン
全体
アカリ
全体小
魔攻全アップ
コッコロ(プリ)
全体小
魔攻全アップ/TP
正月ホマレ
全体中
ユキ(オーエド)
全体小
範囲特大
カスミ
範囲特大
束縛
範囲
スズメ
範囲
魔攻全アップ
ナナカ
範囲中
ランファ
範囲中
魔攻全アップ
ユニ(聖学祭)
範囲小
カイザーイン
範囲小
単体特大
水着カスミ
単体特大
水着アンナ
単体特大
単体
アカリ
単体/全体小
ヴァンピィ
単体
キャル(プリ)
単体
クウカ(ノワ)
単体
ヨリ(クリ)
単体
水着キャル
単体中
キョウカ(ハロ)
単体中
ミツキ(オーエド)
単体中/範囲小
ユカリ(クリ)
単体中
ヨリ(エン)
単体中
水着キョウカ
単体小
ネネカ
単体小
ハツネ
単体小
正月ミツキ
単体小
タイトルとURLをコピーしました