不動産登記法の暗記まとめ 宅建士試験

スポンサーリンク

不動産登記法は、民法における登記に関する手続きがまとめられた法律です。必ず出題されると考えてよいです。

宅建士試験対策 |

不動産登記法

表題部

(表示)

新築、滅失、変更から1ヵ月以内に申請すること(合筆は義務ではない)

単独申請であり、申請なければ職権登記

承継人は、被承継人を表題部所有者として申請することができる

権利部

義務ではない、共同申請

単独申請できる例外

 確定判決、相続又は合併、登記名義人の住所氏名変更、所有権保存登記、仮登記(抹消)

登記原因情報と登記識別情報を提供して申請

更正登記

錯誤や遺漏があった場合に訂正する登記

抹消登記

弁済により抵当権を抹消するときなどで、利害関係第三者がいるときは承諾を要す

回復登記

抹消登記を復活させる登記

仮登記

登記識別情報がない、予約などの際に順位保全のためにおこなう

識別情報と承諾によって、利害関係人についても単独で申請できる

合筆登記

合筆登記できない場合

 地目が異なる、登記名義人が異なる、

一方の土地にのみ所有権登記・抵当権登記がある

 両方の土地に内容が異なる抵当権の登記がある

タイトルとURLをコピーしました