賃金の支払いの確保等に関する法律 労働の一般常識 社会保険労務士試験

スポンサーリンク

賃金の支払いの確保等に関する法律

  • 毎年3月31日における受け入れ預金額について、1年間を通ずる貯蓄金の保全措置を講ずる
  • 退職手当の保全措置は努力義務(ただし、未払いがあれば利息が生ずる)

政府は労災適用事業主が破産決定を受け、6ヶ月前の日から2年以内に未払い賃金がある場合、立替払を行う

立替額 以下を上限し、その100分の80に相当する額を立て替える

30歳未満110万円
45歳未満220万円
45歳以上370万円
未払賃金8割立て替え、30シゴの11,22,370
未払賃金総額の8割について立替払いの対象となる。30歳未満、45歳未満、45歳以上で、110万、220万、370万が未払賃金総額の上限となる

 労働の一般常識 

タイトルとURLをコピーしました