不動産の広告の暗記まとめ 宅建士試験

スポンサーリンク
 
広告については過去問を解いて、自分の常識と比較しながら学習を進めるとよい。自分の常識と違う個所をしっかり覚えることで得点源になります。例年1問出題される
 

広告

内閣総理大臣に委任された消費者庁長官が措置命令を出せる

共通

新築とは建築後1年未満で居住の用に供されたことがないもの

徒歩時間は道路距離80mにつき1分

マンション

最低価格、最高価格、最多価格帯(10以上の場合)とその個数、

修繕積立金は平均額を表示

注意点

接道義務(2m以上接すること)を満たさない土地による再建築不可・建築不可

セットバックに要する面積がおよそ10%以上であるとき

路地状敷地・傾斜地について、30%以上であるとき

 マンション及び別荘地等については明示不要

景品

懸賞型 最高額 取引価額の20倍又は10万円のいずれか低い額

     総額 取引総額の2%内

全員型 取引価額の10分の1又は100万円のいずれか低い額

タイトルとURLをコピーしました