開発準備第1回 JAVAのインストール | Installation of JAVA | Android Studio

スポンサーリンク

Android開発の言語

Androidアプリを開発する際の開発言語はJAVAとなります。

そのため、まずはJAVAのか開発環境を準備しなければなりません。

JAVA8のダウンロード

以下のサイトへアクセスします

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

最新(2018年3月)はJAVA9となりますがJAVA8を利用します。

(JAVAに限らずAndroid開発において最新のものをインストールすると動作しない場合がありますので、最新のバージョンをインストールする際は、十分情報を集め、問題ないことを確認してから行ってください。)

JDKのダウンロードをクリックします。すると、、

ここで、各OSにあわせてダウンロードすることとなります。 のラジオボタンをチェックしてください。

windowsの場合は32ビット、64ビットで異なります。

X86は32ビット、X64が64ビット用となります。

確認方法はPCを右クリックとなります。

サブPCのためRAMが4GBです。8GB以上が開発推奨環境となります。

JAVA_HOMEの設定

ダウンロード、インストールします。

保存場所をメモしておきましょう。

次にJAVA_HOMEの設定をすることになりますが、ここからはWindows10版での説明です。

Windowsのコントロールパネルを開きます。

[Start] > [Windowsシステムツール] > [コントロールパネル]

次に、

[システムとセキュリティー] → [システム] > 左の[システムの詳細設定] [システムのプロパティ]がひらきますので、[詳細設定]から[環境変数]を選択

システム環境変数の[新規]をクリックし、以下のように追加します。

これでJAVAの準備は完了です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする