免許等について 労働安全衛生法 社労士試験

スポンサーリンク
スポンサーリンク

免許等

衛生管理者、作業主任者、就業制限業務の免許などで都道府県労働局長の管轄

技能講習(作業主任者、就業制限業務) 受けようとする者は申込書を登録教習機関に提出
ボイラー溶接士免許 2年間の有効期限あり
ガス溶接作業主任者、林業架線作業者、発破技士、揚貨装置運転士の免許 満18歳以上であること

免許・指定の取り消しから、何年免許を与えないか 免許制限

安全衛生法違反

免許取り消しから

1年経過するまで

保険医・薬剤師の取消

免許取り消しから

5年経過するまで

保険医療機関の指定

指定の日から起算して

6年で効力を失う

保険医の指定

有効期限は定められていない

社会保険労務士

刑罰から

3年

労働安全衛生法

安全衛生体制 責務 - 安全衛生管理体制 - 請負関係における安全衛生管理体制 - 委員会
措置と規制 事業者が講ずべき措置 - 機械等に関する規制 - 危険物及び有害物に関する規制 - 安全衛生教育と就業制限 - 作業環境測定
健康診断その他 健康診断 - ストレスチェック - 指導等健康管理 - 免許等 - 安全衛生改善計画と監督 - 雑則
論点整理 論点一覧
安衛法の横断整理 安衛法のゴロ合わせ - 巡視 - 努力義務 - 派遣労働者の扱い - 作業方法と作業行動 - 労働衛生指導医 - 健診、面接・保険指導等を行う者 - 都道府県労働局長と基準局長