賃金締切日の考え方 労働基準法と労働保険徴収法の比較 社労士試験

スポンサーリンク

賃金締切日の扱いの違い

労働基準法

徴収法

実際に支払われた月の賃金

 6月締切りで7月払いなら、7月賃金扱い

確定した月の賃金現実に払われたかは問わない

 6月締切りで7月払いなら、6月賃金扱い

覚え方と考え方

労働基準法における賃金は労働者に支払われる賃金そのものを言い、労働者目線です。対して、徴収法は使用者側が支払う労働保険料を扱う法律(労災保険料は事業主100%負担)です。よって、使用者は確定した賃金が基準となりますから、確定した、つまり締め切り日の月の払いとなり、その月の分から徴収されることとなります。

タイトルとURLをコピーしました