fireTV向けアプリ開発の注意点 | development for fireTV | Android

fireTVのManifestについてはこちら

スポンサーリンク

リモコン操作

開発環境自体はAndroidと全く変わりませんし、作り方も変わりません。スマホ向けに作ったアプリはそのまま動作します。

ただし、fireTVの操作はリモコンです。その点を考慮しなければ全く操作ができない。ということになってしまいます。

このリモコンですべてを操作します。

では実際、どのように操作を検知するのでしょうか。

@Override
public boolean onKeyDown(int keyCode, KeyEvent event){
    switch (keyCode){
        case KeyEvent.KEYCODE_MENU:
            break;
        case KeyEvent.KEYCODE_DPAD_CENTER:
            break;
        case KeyEvent.KEYCODE_DPAD_UP:
            break;
        case KeyEvent.KEYCODE_DPAD_DOWN:
            break;
        case KeyEvent.KEYCODE_DPAD_LEFT:
            break;
        case KeyEvent.KEYCODE_DPAD_RIGHT:
            break;
        case KeyEvent.KEYCODE_MEDIA_PLAY_PAUSE:
            break;
        case KeyEvent. KEYCODE_MEDIA_REWIND:
            break;
        case KeyEvent.KEYCODE_MEDIA_FAST_FORWARD:
            break;
    }
    return  super.onKeyDown(keyCode, event);
}

上記の通り、実は特に新しい知識は必要ありません。

DPADは上部の大きな○を指します。NavigationとSelectです。あとは、お分かりいただけるかと思います。

ここで注意しなければいけないことが1点。

MEDIA関係のKeyEventです。fireTVではprimeMusicで音楽を聴いていて、そのままアプリを起動した場合、音楽が停止されずにそのままアプリでも再生され続けます。

もし、ユーザーがアプリを操作するつもりでMEDIAキーを押した場合、primeMusicが操作されてしまいますし、逆もしかりです。

ですからメディアを使うアプリでない場合、MEDIAキーは使わないほうが良いでしょう。

これは実際に割り当ててみると強く感じることです。無効にするわけにもいきませんし・・。

DPAD、MENUのみで操作するよう設計することが良いかなと、思います。

onKeyLongPressも使えはしますが、あまりおすすめしません。スマートフォン以上にユーザーが分かりにくいので・・。

無効化したい場合はそれぞれのcaseについてreturn trueとなるようにします。

全てをできる限りButton、ImageButtonで

fireTVではすべての操作を、Button、ImageButtonで操作するよう設計することをお勧めします。通常であれば下のZoom設定などはSeekBarでもよさそうですが、Buttonを使っています。

onClickだけでなく、自分の位置がどこにあるのかをわかりやすくするため、focusも設定しておきましょう。

以下のように。

    setButton.setOnFocusChangeListener(new View.OnFocusChangeListener() {
        @Override
        public void onFocusChange(View view, boolean b) {
            if(b)setButton.setBackgroundResource(R.drawable.ic_circle_black_24dp);
            else setButton.setBackground(null);
        }
    });
    setButton.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
        @Override
        public void onClick(View view) {
            setButtonFlag = !setButtonFlag;
            if(setButtonFlag){
                setButton.setImageResource(R.drawable.ic_check_box_black_24dp);
            }
            else {
                setButton.setImageResource(R.drawable.ic_check_box_outline_blank_black_24dp);
            }
        }
    });

KeyEvent.KEYCODE_BACKについて

KeyEvent.KEYCODE_BACKは想定した動きにならないことが多いです。実装したい場合、

@Override
public void onBackPressed() {
    moveTaskToBack(true); //fireTVのメニューに戻る
}

といった具合にonBackPressedを使ってみてください。

おわりに

スマートフォンと違って、動くか動かないかの心配は1台の確認で済みますからその点は楽です。

ただし、メモリ管理はしっかり行ってください。stickなどはRAMが少なめですので。。

また、あまり使うこともありませんが、SearchFragmentなど利用できない機能もあります。

ちなみに、、、ButtonはTextViewの子、ImageButtonはImageViewの子です。さらにその上はお互い、Viewとなります。 ImageButtonはButtonの子ではありません。だから何?という話でもありますが。