民法家族法 相続の暗記まとめ 宅建士試験

スポンサーリンク

家族法、相続について。出題される頻度は高い。過去問を繰り返しておくとかなり得点しやすい分野になります。

宅建士試験対策 |

相続

特別縁故者の相続 法定相続人がいない場合であって、家裁の審判を要する

承認と放棄

単純承認

全て受け継ぐ

限定承認

相続によって得た財産の範囲内で債務を負担

相続人全員共同で行う、よって、誰かが単純承認したら限定承認不可

相続開始を知った時から3カ月以内に行う

相続放棄

資産、負債共に一切承継しない

遺言

自筆証書遺言

検認を要す、目録以外、全て自筆しなければならない

公正証書遺言

検認は要さないが、証人は2人以上

※15歳以上であれば制限行為能力者であっても遺言できる

相続財産

配偶者 相続開始時に居住していた建物の全部を使用収益する権利を取得する

居住していた家が遺贈されても、相続開始時から6カ月間は無償で居住できる

居住用建物の賃貸借の承継

相続人がいない状態において、相続人以外の同居者(内縁の妻など)は1ヵ月以内に反対の意思表示を賃貸人にしない限り、引き継ぐことができる

遺留分

知った時から1年、相続開始から10年

直系尊属

3分の1

兄弟姉妹

なし

配偶者、子など

2分の1

タイトルとURLをコピーしました