時間外労働は何時間まで許されるか 36協定の限度 労働基準法 社労士試験

スポンサーリンク

延長時間の限度

 

1週間

1ヵ月

1年間

原則

15時間

45時間

360時間

1年単位の変形労働時間制

14時間

42時間

320時間

予見できない(エスケープ)

 

100時間未満

720時間

サブロク対象1年で、月45の年36
36協定の対象期間は1年間に限り、月45時間・年360時間が限度、特別条項は対象期間の半分に当たる6カ月まで
特別条項100未満720以下
1か月100時間未満、年間720時間以下、直近6カ月について月平均80時間
シゴジロー100倍
45.4.30.100720 で覚えてもよい(720は360の倍)

エスケープ条項(36協定を超える労働) <特別条項付き36協定>

特別の事情(一時的又は臨時・突発的、1年の半分を超えない)により、限度時間を更に超える延長可

回数と一定の期間を定め、一定の期間毎の割増賃金率は25%を超え、できる限り短くするよう努める

   労働者の意思で代替休暇
+0.25%
任意の割増
+0.25%
法定労働時間時間外労働45時間超60時間超

非常災害と公務のための臨時

 

非常災害

公務のための臨時の必要

時間外労働

許可又は届出が必要

許可又は届出は不要

年少者の深夜業

可能

不可

< 36協定 | 労働基準法 | みなし労働時間制度 >

タイトルとURLをコピーしました