国庫負担 国民年金法 社会保険労務士試験

スポンサーリンク
2023年度 社会保険労務士試験

国庫負担

 

国庫負担割合

基礎年金拠出金(国民年金事業の負担はない)

2分の1

 

 

20歳前傷病による障害基礎年金(経過措置)

10分の2

 

付加年金

4分の1

 

その他一時金等

なし

※学生免除、若年免除については国庫負担を行われない。つまりその期間についての分は支給されない。

※国庫は厚年の管掌者たる政府、共済の負担すべき基礎年金拠出金の2分の1に相当する額を負担

付加と死亡の8541負担して、20歳(ハタチ)の障害6割負担
付加年金及び、死亡一時金に関する付加年金による8500円の部分については4分の1の国庫がある。20歳前障害については特別国庫負担金2割と残りの半額の計6割の国庫負担、他は原則2分の1の国庫負担となる

< 積立金の運用 | 国民年金法 | 保険料と免除 >

タイトルとURLをコピーしました