労使協定と代替決議の横断整理 労働基準法 社労士試験

スポンサーリンク

労使協定でよいもの、代替決議を要するもの、届出の必要性、効力発生時点に関する横断整理

労使協定と代替決議の横断整理

 

締結

届出

代替決議

 

届出

任意貯金

必要

×

不要

労働とつくもの(変形労働時間制、時間外休日労働(36協定)、専門業務型裁量労働制など)

必要

不要

フレックス、一斉休憩適用除外、割増賃金代替休暇、有給関係

不要

不要

全額払いの例外

不要

×

不要

36協定

必要

企画業務

決議

不要

届出が効力発生要件とされているもの 36協定、企画業務型裁量労働制

36協定、企画業務型裁量労働制以外は、届出が必要ではあるが、届出がなくても効力自体は発生するということである。例えば1カ月単位の変形労働時間制は届出が必要であるが、届出をしなくても労使協定の効果は発生しているということ。

※労使協定の代替決議の場合は、36協定を除き、届出が免除される

※36協定は代替決議で可能ではあるが、届出を要する

※企画業務型は必ず決議に寄らなければならず、労使協定によって適用することはできない

[任意貯金][変形労働時間制][36協定][賃金支払いの五原則][年次有給休暇]
貯蓄と控除は代替不可
貯蓄金管理、一部控除協定は労使委員会代替決議不可
一斉控有、届出不要
休憩一斉付与、一部控除、有給関連協定は届出不要
タイトルとURLをコピーしました