WordPressブログのSEOにおける注意点 本当のSEOはこれだけだった。

スポンサーリンク

せっかくWordpressで作ったブログでも誰も見てくれなければ意味はありません。

というわけで、検索結果の上位に表示させるためにするべきこと必要以上に気にする必要のないことを書いておきます。

当サイトはかなり競争率の高い用語でも1位を取っていますので、参考にはなるかなと思います。

SEO 上位表示するためにするべきこと

  • 内容を充実させること
  • 検索結果が良好なページ(アドレス)の更新頻度を上げ、さらに強くしてゆくこと(サイト全体ではなく、強いページそのものです。ほぼ間違いなくgoogleはサイトではなくページごとに重要度を判断しています。そしてそのページを集客の窓口になるように作る)
  • 他のブログやサイトではやっておらず、かつ、役に立つ内容をわかりやすく簡潔に掲載する
  • プログラミングを駆使するなどして、他の人には作ることができない、または、思いつくことができない独自コンテンツを提供する(プログラミングが無理な場合はイラストなどを描くなどで対応。そうすることで長い時間滞在してもらうことができ、SEO効果も高い)
  • descriptionに注意(通常は気にする必要はないですが、Wordpressのテーマによっては書かなくてはいけないこともあります)
  • titleは検索候補を活用して簡潔な日本語で(使いたい用語をgoogleで検索して、候補として出る2語目以降の単語も混ぜて使う)
  • スマートフォンで必ず確認をすること(tableを使っている場合は特に)
  • 長ったらしい文章を書かない。

私が特に気を付けているのが2番目と3番目です。いくつかのページはJavascriptやPHPを使ってかなり凝った作りにしています。

SEO 必要以上に気にしなくてよいこと

  • PageSpeed Insightsのスコア(そもそも、googleのトップページですら100点ではありません)
  • アイキャッチ画像(検索結果に表示されることがありますが、Youtubeに比べれば優先度はかなり低いです。youtubeみたいに手間暇かけて作らなくてよいです。アイキャッチつくるよりも、人目を惹くタイトルを考えましょう)
  • SEOプラグインのスコア(低くても上位に表示されることはあります、要するに内容次第です)

まとめ

世に出回っているSEO情報などはみんなやっていることですから、ほとんど意味はありません。つまり、、

「何よりも内容と更新頻度が重視され、スコア、世に出回っているSEO情報は気にしなくてよい。」ということです。

本当のところ、それだけです。

おまけ

googleのPageSpeed Insightsのモバイルスコア

使用していないJavascriptの削減と言われているくらいですのでね‥‥。

吹き出しの利用

こういうのですけど

そういうのですか

よく見かけるかと思います。でも、これ、読む人いませんし、読みたい人もいません

たぶん、外注ライターが文字数稼ぎに使っているのだと思うんですよね。読みにくくしているだけです。好き嫌いもあると思いますし。そして、私は吹き出しがあると質の低い記事と判断します。実際、質が低い。

そういう人、私だけではないと思います。なので、やめたほうがよいです。

タイトルとURLをコピーしました