QSMのcorrect infoやretakeの翻訳・置き換えについて | QSM Quiz translate

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

QSM(Quiz and Survey Master)の問題文について、設定で翻訳できない個所について説明します。具体的にはCorrect Info: と、Retake Quizについてです。

直接phpを編集します。作業をする前に、一度phpファイルをコピーしてバックアップしておきましょう。

phpの編集

対象となるphpファイルは、class-qsm-manager.phpです。これは、wp-content/plugins/quiz-master-next/php/classes/ に格納されています。

以下の部分を修正します

class-qsm-manager.php

Correct Info: の翻訳

207行周辺です(アップデートによって変更されることがあります)

if( $show_correct_info == 2 ){
  $got_ans = true;
}
echo wp_json_encode(
  array(
    'success' => $correct_answer ? 'correct' : 'incorrect', /* 解説に変更しました */
    'message' => $show_correct_info && $got_ans ? '<b>'. __('解説: ', 'quiz-master-next') .'</b>' . do_shortcode($correct_info_text) : ''
  )
);

Retake Quizの翻訳

1250行周辺です(アップデートによって変更されることがあります)

$result_display .= $this->display_social($qmn_quiz_options, $qmn_array_for_variables);
$result_display = apply_filters('qmn_after_social_media', $result_display, $qmn_quiz_options, $qmn_array_for_variables);
if ($this->qsm_plugin_active('qsm-save-resume/qsm-save-resume.php') != 1 && $qmn_quiz_options->enable_retake_quiz_button == 1) {
$result_display .= '<a style="float: right;" class="button btn-reload-quiz" data-quiz_id="' . $qmn_array_for_variables['quiz_id'] . '" href="#" >' . apply_filters('qsm_retake_quiz_text', __('再挑戦'quiz-master-next')) . '</a>';                          /* 再挑戦に変更しました */
}

文字化け対策

日本語を使って文字化けしてしまった場合、phpファイルをutf-8で保存しなおしてみてください。(サーバーの設定が分かる場合は、設定に合わせます。)

 

LINEで送る
Pocket

WordPress
スポンサーリンク
ProG-Cafe
タイトルとURLをコピーしました