罪と罰 登場人物人名対照表しおり ドストエフスキー 読書の手引き

スポンサーリンク

ドストエフスキーの傑作にして、世界文学の頂点の一つ、罪と罰。

慣れないロシア人名に加えて、登場人物の多さ、名称の多さ(ピョートル・ペトローヴィチと呼んだかと思えばルージンと呼んだり、イワーノヴナが重複したり)が本書を読み進む上で、大きな壁となってしまっています。読書の難解さの解消のために。家族、グループごとに表の色分けを行っています。

カラマーゾフの兄弟の人名対照表はこちら

登場人物 人名対照表

本名愛称 
ロジオン・ロマーヌイチ・ラスコーリニコフロージャ主人公
アヴドーチヤ・ロマーノヴナ・ラスコーリニコワ ドゥーネチカ、ドゥーニャロージャの妹
プリヘーリヤ・アレクサンドロブナ・ラスコーリニコワ
 ロージャの母
プラスコーヴィヤ・パーヴロヴナ・ザルニーツィナパーシェンカロージャの大家
ナスターシヤ・ペトローヴナナスチェンカパーシェンカの女中
ピョートル・ペトローヴィチ・ルージン ドーニャの婚約者
アンドレイ・セミョーノヴィチ・レベジャートニコフ ルージンの大家で役人
ドミートリイ・プロコーフィチ・ウラズミーヒンラズミーヒンロージャの友人
ゾシーモフ ラズミーヒンの友人で医者
セミョーン・ザハールイチ・マルメラードフ ソーニャの父
カテリーナ・イワーノヴナ・マルメラードワ マルメラードフの妻
ソフィヤ・セミョーノヴナ・マルメラードワソーニャ、ソーネチカマルメラードフの娘
ポーリナ・ミハイローヴナ・マルメラードワポーリャ、ポーレンカマルメラードフの娘
アマリヤ・フョードロヴナ・リッペヴェフゼルイワーノヴナ、リュドヴィーゴヴナマルメラードフの大家
アリョーナ・イワーノヴナ 高利貸しの老婆
リザヴェータ・イワーノヴナ イワーノヴナの妹
ニコージム・フォミーチ 警察署署長
イリヤ・ペトローヴィチ火薬中尉警察署副署長
アレクサンドル・グリゴリーウィチ・ザミョートフ 警察署事務官
ポルフィーリー・ペトローヴィチ 予審判事
ニコライ
ミコールカ、ミコライペンキ職人

こち亀で有名なシーンは?

 

中川「ラスコーリニコフが殺人へと向かう決定的な契機となった 横町で古着商人と老婆の妹との会話を 偶然耳にするシーンと答えてください。」

このシーンは新潮文庫の平成22年6月の59刷改版以降であればP130~P131です。ちなみに、こち亀内では600ページと言っていますが、1000ページ以上です・・。

第1部5章(6章直前)です。

著作権の切れた米川正夫訳では以下の文章となります。

「ねえ、あんた、リザヴェータ・イヴァーノヴナ、ご自分の考えで決めた方がよろしゅうございますよ」と町人は大声で言った。「明日七時にいらっしゃいよ、あの衆もやって来るから」
「明日?」リザヴェータはまだ腹がきまらない様子で、ことばじりをひきながら、もの思わしげに答えた。
「まあ、あんたはアリョーナ・イヴァーノヴナに、すっかり脅しつけられてしまったもんですねえ!」と元気な町人の女房が早口にしゃべり出した。「あんたをつくづく見ていると、まるでちっちゃな赤ちゃんみたいですよ。あの人はあんたにとって親身じゃなくて、義理の姉さんというだけじゃありませんか? それだのにまあ、すっかりあんたを自由にしてしまってさ」
「ねえ、あんた、今度の事はアリョーナ・イヴァーノヴナに、いっさい言わない方がよろしゅうがすよ」と亭主がさえぎった。
「わっしがおすすめしますがね、家へは断わらないでおいでなさい。何しろうまい口なんだからね。姉さんだってあとになりゃわかってくれまさあ」
「じゃ行くとしようかね?」
「七時ですぜ、明日ね、あっちからもやって来ますよ。一つ自分で腹をおきめなさい」
「サモワールでも出しましょうよ」と女房は口を添えた。
「ええ、じゃ行きますわ」やはりまだ考え込みながら、リザヴェータはこう答えた。
 そして、のろのろとその場を動き出した。
 そのとき、ラスコーリニコフはもう店を通り越していたので、その先はよく聞こえなかった。彼は一語も聞き漏らすまいと努めながら、そっと目だたぬように通り過ぎた。彼の最初の驚愕はしだいしだいに、恐怖の念と変わっていった。彼はさながら背筋に冷水を浴びせられたような気がした。彼は偶然、全く思いがけなく知った――明日の晩きっかり七時に、老婆の唯一の同棲者どうせいしゃたる妹リザヴェータが家にいない、したがって、老婆は晩の正七時には必ず一人きり家に残るということを、思いもよらず聞き込んだのである。
 彼の下宿まではわずかに数歩を余すのみだった。彼は死刑を宣告された者のように自分の部屋へはいった。何一つ考えなかったし、また考えることもできなかった。ただ突然、自己の全存在をもって、自分にはもう理知の自由も意志もない、すべてがふいに最後の決定を見たのだ、という事を直感した。
 もちろん、かりにもし彼がこの計画をいだいて、幾年も好機を待っていたにもせよ、いまたまたま与えられたような、これ以上に確実な、明瞭疑いなき計画成就の第一歩を期待することは、とうていできなかったに相違ない。いずれにしても、明日これこれの時刻に、陰謀の寝刃ねたばを向けられている当の老婆が、全く一人ぼっちでいるという事を、すぐその前日この上なく確実に、いっさい危険な質問や探索なしに突き止めるのは、およそ困難なことに相違ない。

青空文庫

読む手引き

罪と罰は最初、酒場で絡み酒に付き合わされるようなシーンが続きます。そこで嫌になってしまう人も多い作品です。そこを乗り切って(最初の酒場のシーンだけは流し読みでも特に問題はない)、人命対照表を見ながら(対照表なしでは内容が頭に入ってこない)読み進めてゆけば一気に読みやすくなり、そして、物語の熱量に圧倒されます。カラマーゾフと並び、世界の頂点に立つ小説です。

印刷用人物対照表

PDF版人物対照表

罪と罰人物対照表pdf

A4でそのまま印刷して不要な部分を切り取れば文庫本サイズになります

タイトルとURLをコピーしました