両面印刷における長辺と短辺と向き。表と裏はどっちになるか

スポンサーリンク

Word文書やPDF文書などを両面印刷する際に、長辺綴じ、短辺綴じどちらを選ぶべきかの判断基準です。印刷方向が逆になってしまう、、という失敗を防ぎます。

長辺と短辺の基本原則

考え方の原則

文章の内容方向ではなく、紙の方向長辺と短辺を選択します。縦書き、横書きは無関係です。

表裏で左右開きパターン(本タイプ)

本と同じように印刷の方向が表裏同じになります。一般的なパターンです。

1枚に1ページづつの場合(紙は縦方向)

1

2

この場合は、長辺を選択する

1枚に1ページづつの場合(紙は横方向)

1

2

この場合は、短辺を選択する

1枚に2ページづつの場合(紙は横方向)

1

2

34

この場合は、短辺を選択する

1枚に2ページづつの場合(紙は縦方向)

1

3

2

この場合は、長辺を選択する

表裏で上下開きパターン

配布資料などで使用する場合がありますが、このパターンはほとんど使用されないといってよいでしょう。

1枚に1ページづつの場合(紙は縦方向)

1

2

この場合は、短辺を選択する

1枚に1ページづつの場合(紙は横方向)

1

2

この場合は、長辺を選択する

1枚に2ページづつの場合(紙は横方向)

1

2

43

この場合は、長辺を選択する

1枚に2ページづつの場合(紙は縦方向)

1

4

2

3

この場合は、短辺を選択する

タイトルとURLをコピーしました