高齢者住宅等 福祉住環境コーディネーター2級

スポンサーリンク

高齢者住宅等 高齢者や障害者を取り巻く社会状況

高齢者住宅等の重要論点についてまとめる。これだけでしっかり暗記すればほぼ間違いなく合格します。記載事項以外はテキストを読み通す程度で十分であり、暗記する必要はありません。

(参考資料)官公署PDF
高齢者向け住まいについて(厚労省) 高齢者向け住まいを選ぶ前に(厚労省) 高齢者向け住宅の選び方(東京都) 認知症グループホームの強み(厚労省)

サービス付き高齢者向け住宅

バリアフリー設計、専門家による見守りサービス生活相談サービス、要支援要介護状態、60歳以上、スマートウェルネス

介護保険の第1号被保険者は65歳以上であるが、サービス付き高齢者向け住宅の条件は60歳以上であることに注意しましょう。

シルバーハウジング

生活特性に配慮した設備と仕様。緊急時の対応一時的な家事援助、住宅施策と福祉施策の連携。URなどが提供

緊急時、一時的ということからもわかるとおり、サービスは限定的です。

ケアハウス

自炊できない程度の身体機能の低下、又は独立生活に不安があり家族援助が難しい人を対象とする。生活サービスなどを提供

有料老人ホーム

日常生活のサービスを提供、介護付き、住宅型(生活支援)、健康型(食事など)

認知症高齢者グループホーム

5~9人で1つのユニットを構成。介護職員と共に生活し、「日常生活」に重点を置く。小規模な居宅空間において家庭的な環境の下でケアを提供

自宅介護

4割の人が自宅介護を希望している。