障害者向け住宅 福祉住環境コーディネーター

スポンサーリンク

障害者向け住宅 高齢者や障害者を取り巻く社会状況

障碍者向け住宅の重要論点についてまとめる。これだけでしっかり暗記すればほぼ間違いなく合格します。記載事項以外はテキストを読み通す程度で十分であり、暗記する必要はありません。

(参考資料)官公署PDF
障害者の住まいの場の確保に関する施策(厚労省) サテライト型住宅(厚労省) 福祉ホーム事業について(厚労省)

在宅重度障害者住宅改造費助成事業

身体障害者1~2級または療養手帳Aであり、低所得者であることが条件

人工透析患者が身体障碍者1級に該当します。療養手帳とは知的障害者が該当します。

障害者住宅整備資金貸付制度

身体障害者1~4級または療養手帳A、またはその者と同居する世帯、所得制限なし

この制度は貸付です。助成ではありませんから所得制限はありません。障害等級も3級、4級まで対応します。

グループホーム

ケアホームをグループホームに統合、障害区分による制約はない

専門家の援助をうけながら少人数で一般の住宅で生活するものです。

サテライト型住宅

地域生活への移行や一人暮らしを希望する障害者が対象。グループホームの趣旨を踏まえた住宅

サテライトは衛星。つまり、専門家の近くに一人で済むイメージです。太陽系をイメージするとわかりやすいかもしれません。

福祉ホーム

ある程度の自活能力がある人を対象とする。低額な料金。市町村の地域生活支援事業における任意事業