福祉住環境整備の進め方 福祉住環境コーディネーター2級

スポンサーリンク

福祉住環境整備の進め方 福祉住環境整備の基本技術と実践

福祉住環境整備の進め方の重要論点についてまとめる。これだけでしっかり暗記すればほぼ間違いなく合格します。記載事項以外はテキストを読み通す程度で十分であり、暗記する必要はありません。福祉住環境の視点を忘れないでください。

(参考資料)官公署PDF
 

相談援助の実践

本人の自己決定を促し、本人と共同して住環境整備に取り組む

パターナリズム

「援助する側」「援助される側」という一方的な関係で援助される側の依存の感情が生まれる。このようにならないよう注意。

援助される側の意向を、対等な関係で聞き取り、住環境の整備に取り組むことが求められます。

傾聴

対象者の話を積極的に聞くことを意味し、受け身的に聞くこととは異なる。対象者自身が課題を整理し解決法を見出すよう、自然に導く

沈黙

言葉を用いないノンバーバルコミュニケーションの一種。効果的に活用し、思考を深める過程を有意義に進められるようにする

感情

対象者の表出した感情に対して、援助者は「表情」を用いて共感的に応答するとよい

タイトルとURLをコピーしました