福祉住環境コーディネーター2級に独学で合格する方法

スポンサーリンク

福祉住環境コーディネーターは毎年2万人以上が受験する資格試験です。1級から3級まであり、2級に合格すれば十分通用する試験です。3級は易しいため、2級を受験することをお薦めします。参考書はいくつか用意されていますが、どれも、あまりメリハリが良いとは言い難く(特に公式テキストは・・)、ここでは、合格に必要な知識のみを抜き出し、まとめて解説をします。

基本となる参考書(市販テキスト)を一読した上で当サイトに書かれていることを暗記してください。あくまで、福祉住環境コーディネーター試験です。疾患の細かい部分について暗記するのではなく、「この疾患はこういう症状だから、こういう住環境が必要だ」という視点で勉強に当たってください。

第0章 勉強の仕方

① 基本テキストを単元ごとに一読する

③ 各単元について、サイトに書かれている項目について暗記する

② 基本テキストの各単元ごとに対応する一問一答過去問集を解き、間違えた個所について基本テキストで読み直す。ただし、このサイトに書かれている事でなければ暗記する必要はない。

③ 本試験形式の過去問を解く。合格ラインを超えれば十分であり、必要以上に踏み込まないこと。

ユーキャンのテキストや過去問で十分でしょう。建築士の試験でも社会福祉士や医療従事者の試験でもありません。深入りしないよう注意してください。

第1章 高齢者や障害者を取り巻く社会状況

1-1 介護保険

1-2 高齢者住宅等

1-3 福祉住環境用語

1-4 障害者向け住宅

第2章 障害のとらえ方と自立支援のあり方

2-1 障害とリハビリテーション

2-2 高齢者の心身の特性

2-3 障害者の心身の特性

第3章 疾患別・障害別にみる福祉住環境整備

3-1 高齢者に多い疾患

3-2 障害別に見た福祉住環境整備

3-3 感覚障害

3-4 脳機能障害

第4章 相談援助と福祉住環境整備

4-1 相談援助

4-2 福祉住環境整備の進め方

第5章 福祉住環境整備の基本技術と実践

5-1 福祉住環境整備の共通基本技術

5-2 福祉住環境整備の実践

5-3 福祉用具

5-4 生活行為別に見た福祉用具

タイトルとURLをコピーしました