googlePlaceAPIのメモ | Android

ポプテピピックが面白い。

さてさて、書きかけの記事は大量にあるもののアップできておりません。

googlePlaceAPIはなかなか便利。楽です。

googlePlaceAPIのウェジェット方式を実装してみたのですが、これ、MainActivityを1回onPauseまでさせてるんですね、onPauseでSensorManagerやLocation関係を閉じていたので、googlePlaceAPIを使うと、センサー類が閉じて動かなくなってしまう。ということになってしまいました。

好ましくはないと思いつつもonDestroyにとりあえず移動させ、念のためにonBackPress()でも閉じる処理を実装。いずれもnull確認の上での閉じ処理実装です。センサー類の設定をonResumeで実装するはさすがに・・。

onCreate → onResume → onPause       →onResume 

              <Placeウィジェット>

ウィジェットから戻るとonResumeから実行。

googleMapAPIやGPS、PlaceAPIは組み合わせるといろいろなことができます。さらにRealmで管理したり、geoCodingを組み合わせたり。

色々記事を書きたいとは思ってはいますので、いずれ書きたいですね。

歩いた道を線でつないでいき、距離や歩数をカウントするアプリであるとか。タップしたマップ上の位置の住所をどんどん取得するアプリであるとか。最寄りのATMを見つけ出すアプリであるとか。色々と。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク